ピアノを習って良かったと思うこと

私は幼稚園の頃から中学1年の途中までピアノを習っていました。
ピアノを習うのを辞めた理由は、中学で吹奏楽部に入り、部活が忙しくなり、段々難しくなっていくピアノのレッスンについていけるような練習をする時間がなくなってしまったからです。

しかし、ピアノを習ったことで楽譜を読めるようになりましたし、音楽を聴く時もただ聴くのではなく、弾いてる姿をイメージして聴けるようになり、リズム感も良くなったように感じるので、無駄ではなかったと思っています。
緊張して頭が真っ白になったピアノ発表会も、良い思い出です。

今では弾かなくなってしまいましたが、ピアノを聴くことは今でも好きですし、クラシックではないフュージョン系のピアニストのCDを買ったりコンサートにはたまに行ったりもしています。
アーティストのライブに行ってもついキーボーディストの指に目が行くこともあります。
もう習ったり弾くことはないかも知れませんが、ピアノが奏でる音が好きなことは確かなので、これからも聴いたり見たりという形でピアノと関わっていきたいなと思っています。